ラブホテル投資ファンド「HOPEラスト」の詳細資料請求は無料です。

予定年利8.4%高配当利回り安定型ファンド・ラブホテルファンドHOPEラストの詳細資料を無料で請求できます。
高配当利回り安定型ファンドラブホテル投資の魅力出資者保護の仕組みラブホテルの歴史RSS|

ラブホテルに投資?予定年利8.4%、一口50万円から。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告|

「HOPEラスト」の事業者と、出資者保護の仕組みについて

ラブホテル投資ファンド「HOPEラスト」は、事業証券化のプロフェッショナル、グローバル・ファイナンシャル・サポート株式会社(GFS)により組成されたファンドです。

グローバル・ファイナンシャル・サポートについて


HOPEラスト 出資者保護の仕組み

出資法により元本の保証は禁止されていますが、「HOPEラスト」では様々な工夫により元本保全を目指しています。


HOPEラスト優先・劣後出資方式=

投資家様を「優先出資者」とし、営業代理人であるGFSを「劣後出資者」としています。

万が一出資金償還時において、毀損が発生してしまう場合は、「第一にGFSによる劣後出資が毀損を受ける」ことになります。さらに、優先・劣後出資方式は、分配金の配当時にも適用されます。

このように、元本の償還及び分配金の配当は、優先・劣後出資方式により投資家様の出資の保全を図っております。

配 当:優先出資者(投資家様)の分配金を優先的に配当します。
出資金ラブホテルの売却価格が下落した場合、劣後出資者であるGFSより先に優先出資者へ償還をします。


HOPEラスト倒産隔離=

万が一、GFSが倒産しても、倒産隔離により皆様の出資金は守られます。

これにより、仮にグローバル・ファイナンシャル・サポート株式会社が倒産した場合にも、営業者の財産を処分することもなければ、破産管財人が営業者の財産を差し押さえることもできないのです。

倒産隔離の手法は、2002年に施工された中間法人法に基づいた仕組みであり、金融機関、格付機関により倒産隔離が確保できていると認められているものです。


HOPEラスト・レジャーホテルファンド無料資料請求


ラブホテルに投資?予定年利8.4%、一口50万円から。



スポンサーサイト
  1. 出資者保護の仕組み|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。